脱毛エステでの脱毛エステを受ける際の注意点
脱毛エステサロンを決める
クーリングオフ
脱毛の契約後、契約どおりのサービスが受けられない、もしくは過剰な売り込みや営業に不信感を抱き解約を希望する際には脱毛エステにもクーリングオフが適用されます。クーリングオフを行使できる条件は、1ヶ月を超える契約期間に対し5万円以上の契約金額のとき、キャッチセールスでの契約、契約書にクーリングオフが行使できる旨が記載されているときで、いずれか1つでも当てはまれば行使することが可能です。

契約の際は、言い出しにくくて断れなかった、思わず契約してしまったけど、帰宅して冷静になったらやっぱり解約したいなんていうこともあると思います。そんな場合には契約書を交わして8日以内であればクーリングオフできます。そもそもクーリングオフとは、一旦契約したものを白紙にできるという消費者保護の観点からの制度です。クーリングオフを行使するときには通知書が必要となりますから、その書き方は国民生活センターに問い合わせましょう。サイトでも見ることができます。

また契約を交わして何回か通った結果解約したいと思ったときには、クーリングオフ期間を過ぎていても中途解約が可能です。既に受けたサービスへの対価は返金されませんが、残りの契約期間の金額は返金されます。この場合は解約損料といって、未施術金額の1割もしくは2万円のどちらか低いほうを支払う義務があります。全額は返金されないにしても脱毛にかかる金額はトータルにするとなかなかの金額になると思います。あっては欲しくない事ですが、念のため頭に入れておき、いざというときは迅速に対応しましょう。